<<前へ 次へ>>

質問 10/39

スクリプトを作成する
system1に/root/foo.shという名前のスクリプトを作成し、次の特性を提供するようにします。
/root/foo.sh redhatを実行すると、出力はfedora
/root/foo.sh fedoraを実行すると、出力はredhat
パラメータまたはパラメータがない場合は、エラー出力によって生成された次の情報がredhatまたはfedoraではありません。/root/foo.sh redhat:fedora

コメントを発表する

あなたのメールアドレスは公開されません。必要な部分に * が付きます。

質問一覧「39問」
質問1 バーチャルホスティングなどのWebサービスを展開するには、http...
質問2 Webコンテンツへのアクセスを設定する 必要に応じて、system1のW...
質問3 ISCISIクライアントの設定 システムが提供するiqn.2014-09.com.e...
質問4 セキュリティWebサービスを設定する サイトhttp://systeml.domai...
質問5 Webサーバーを実装する サイトhttp:// systemlを構成します。 d...
質問6 / opt / dataの下の/root/cdrom.isoをシャットダウンし、bootと...
質問7 SMB経由でディレクトリを共有する システム上でSMBサービスを設...
質問8 データベースの設定 連絡先という名前のMaria DBデータベースを...
質問9 SMTPメールサービスを展開し、次の要件で完了します。 - あなた...
質問10 スクリプトを作成する system1に/root/foo.shという名前のスクリ...
質問11 必要に応じてSSHアクセスを設定します。 ユーザーは、SSHリモー...
質問12 selinuxのステータスを強制的に設定してください。
質問13 NFS共有をマウントする 必要に応じて、system2のsystem1.domain1...
質問14 仮想ホストの設定 system1上のWebサーバーを展開し、サイト用の...
質問15 Webサービスのアドレスは、http://serverX.example.com、Xはあ...
質問16 nfsサービス経由でシステムの/ commonディレクトリを共有します...
質問17 動的WEBコンテンツ 必要に応じて、system1上に動的Webコンテンツ...
質問18 カスタムユーザー環境 qstatという名前のsystem1とsystem2でカス...
質問19 NFSサービスを設定する 必要に応じて、system1上にNFSサービスを...
質問20 シェルスクリプト/ root / programを作成します。 "kernel"パラ...
質問21 データベースクエリ system1上でデータベースの連絡先を使用し、...
質問22 / var / http / virtual / limitedディレクトリを作成するローカ...
質問23 次の要件に従って、ftpログインルールを展開します。 1. example...
質問24 匿名でディレクトリ/ var / ftp / pubをダウンロードできるよう...
質問25 リンクアグリゲーションの設定 systeml間のリンクを構成します。...
質問26 必要に応じて、システム1のポート転送を設定します。 1.ネットワ...
質問27 ローカルメールサービスを設定する 必要に応じて、system1とsyst...
質問28 IPV6アドレスを設定する 次のIPV6アドレスを使用して、テストシ...
質問29 ISCSサーバーの設定 system1を構成して、iqn.2014-09.com.exampl...
質問30 メールエイリアスをMTAに設定します。たとえば、メールを送信し...
質問31 永続的なカーネルパラメータのカーネルが与えられると、sysctl =...
質問32 SELINUXを構成する selinuxの状態を強制モードに変更する VIM / ...
質問33 sshログインサービスを展開するための以下の要件に従います。 1....
質問34 マルチユーザーマウントを構成する 必要に応じて、systeml上のSM...
質問35 試験システムを導入する:instructor.example.comのiscsiターゲ...
質問36 次の要件に従って、smbサービスによる共有/共通ディレクトリ: -...
質問37 ご使用のシステムのMaryユーザー構成タスクを禁止します。
質問38 ユーザーを追加するスクリプトを作成する system1に/ root / mku...
質問39 ip_forwardを開いて永久に有効にしてください。