Microsoft.AZ-400.v2019-08-11.q35

試験コード:AZ-400
試験名称:Microsoft Azure DevOps Solutions (beta)
認証ベンダー:Microsoft
無料問題の数:35
バージョン:v2019-08-11
等級:
ページの閲覧量:334
問題集の閲覧量:3173
テストを始める

有効的なAZ-400問題集はPasstest.jp提供され、AZ-400試験に合格することに役に立ちます!Passtest.jpは今最新AZ-400試験問題集を提供します。Passtest.jp AZ-400試験問題集はもう更新されました。ここでAZ-400問題集のテストエンジンを手に入れます。

最新版のアクセス
284問、30% ディスカウント、特別な割引コード:JPNshiken

コメントを発表する

あなたのメールアドレスは公開されません。必要な部分に * が付きます。

その他のバージョン
393 viewsMicrosoft.AZ-400.v2019-09-14.q42
279 viewsMicrosoft.AZ-400.v2019-06-01.q33
306 viewsMicrosoft.AZ-400.v2019-05-21.q31
332 viewsMicrosoft.AZ-400.v2019-02-23.q30
質問一覧
質問1:Azure DevOpsのプロジェクトにブランチポリシーがあります。ポリ...
質問2:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問3:あなたの会社は多層Webアプリケーションを構築しています。 Azur...
質問4:現在の技術的な問題を解決するには、Register-AzureRmAutomation...
質問5:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問6:あなたの会社はGitベースのソース管理に使用されるオンプレミス...
質問7:あなたはGitHubリポジトリを使用するオープンソースソリューショ...
質問8:多層アプリケーションを展開するAzure Resource Managerテンプレ...
質問9:以下の要件を満たすDockerコンテナー構築方法を推奨する必要があ...
質問10:あなたの会社はDockerコンテナーにアプリケーションをデプロイし...
質問11:投資計画アプリケーションスイートのリリースパイプラインにコー
質問12:Azure DevOpsを使用して、Javaベースのアプリケーションのビルド...
質問13:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問14:Azure DevOpsを使用して、ビルドパイプラインと展開パイプライン...
質問15:Azure DevOpsを使用して、Javaベースのアプリケーションのビルド...
質問16:Azure Automation State Configurationで仮想マシンを管理対象ノ...
質問17:Azure Artifactsを使用して、作成したNuGetパッケージをホストし...
質問18:あなたの会社はAzure DevOpsに新しいWebアプリケーションのプロ...
質問19:あなたの会社はソフトウェア開発にアジャイルなアプローチを使う
質問20:あなたの会社はビルドにクラウドホストのJenkinsを使用していま...
質問21:あなたの会社は、Javaベースのプロジェクトのビルドパイプライン...
質問22:.NET Coreアプリケーションを含むイメージを作成する予定です。 ...
質問23:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問24:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問25:Azure DevOpsでは、Project3を作成します。 あなたはプロジェク...
質問26:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問27:あなたの会社はAzure ReposのGitリポジトリを使用してWebアプリ...
質問28:コードレビューの間に、あなたは多くの品質問題を発見します。多
質問29:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問30:あなたの会社はAzureとAzure Stackの間にハイブリッドクラウドを...
質問31:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問32:あなたは多層アプリケーションを開発しています。アプリケーショ
質問33:WhiteSourceを使用してスキャンした50のNode.jsベースのプロジェ...
質問34:注:この質問は同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。連
質問35:あなたの会社はソフトウェア開発にアジャイルなアプローチを使う