LinuxFoundation.CKS.v2022-02-15.q26

試験コード:CKS
試験名称:Certified Kubernetes Security Specialist (CKS)
認証ベンダー:Linux Foundation
無料問題の数:26
バージョン:v2022-02-15
等級:
ページの閲覧量:227
問題集の閲覧量:1358
テストを始める

有効的なCKS問題集はJPNTest.com提供され、CKS試験に合格することに役に立ちます!JPNTest.comは今最新CKS試験問題集を提供します。JPNTest.com CKS試験問題集はもう更新されました。ここでCKS問題集のテストエンジンを手に入れます。

CKS問題集最新版のアクセス
44問、30% ディスカウント、特別な割引コード:JPNshiken

コメントを発表する

あなたのメールアドレスは公開されません。必要な部分に * が付きます。

その他のバージョン
181 viewsLinuxFoundation.CKS.v2022-05-20.q26
質問一覧
質問1:etcdに格納されているシークレットは、保存時に安全ではありませ...
質問2:既存の名前空間デフォルトにbackend-saという名前の新しいServic...
質問3:環境: クラスター:gvisor マスターノード:master1 ワーカーノ...
質問4:シミュレーション 名前空間test-systemで実行されているtest-web...
質問5:変更を加える前に、タグbase:v1を使用してDockerfileをビルドし...
質問6:名前空間テスト内にポッド名Nginx-podを作成し、選択した入力を...
質問7:構成を介してすべての問題を修正し、影響を受けるコンポーネント
質問8:シミュレーション runcという名前の準備されたランタイムハンド...
質問9:runcという名前の準備されたランタイムハンドラーを使用して、un...
質問10:シミュレーション クラスターワーカーノードで、準備されたAppAr...
質問11:クラスターワーカーノードで、準備されたAppArmorプロファイルを...
質問12:シミュレーション ランタイム検出ツールFalcoを使用して、Nginx...
質問13:名前空間テストシステムで実行されているnginx-podという名前の...
質問14:シミュレーション Trivyを使用して、次の画像をスキャンします。...
質問15:シミュレーション allow-npという名前のネットワークポリシーを...
質問16:シミュレーション 構成を介してすべての問題を修正し、影響を受
質問17:次のコマンドを使用して、クラスター/構成コンテキストを切り替
質問18:シミュレーション 指定されたDockerfileを分析および編集します ...
質問19:このタスクは、次のクラスター/ノードで完了する必要があります
質問20:次のコマンドを使用して、クラスター/構成コンテキストを切り替
質問21:シミュレーション 名前空間テストでdeny-allという名前の新しいN...
質問22:名前空間テストで実行されているポッドnginx-testに制限するには...
質問23:johnという名前のユーザーを作成し、CSR要求を作成し、承認後に...
質問24:ランタイム検出ツールFalcoを使用して、新しく生成および実行さ...
質問25:クラスタで監査ログを有効にします。これを行うには、ログバック
質問26:次のクラスター/ノードでこのタスクを完了する必要があります。 ...